モラハラ夫との離婚体験ブログ 離婚裁判(離婚訴訟)の本人尋問で出廷 その1

離婚裁判
記事内に広告が含まれています。

モラハラ夫との離婚裁判(離婚訴訟)は、回を重ねても入口の「離婚」で争っていました。

裁判官より和解勧告が出されましたが、モラハラ夫はその場で拒否をしました。

和解がなくなり、離婚裁判(離婚訴訟)は判決へと向かうことになります。

判決にいくためには、本人尋問があります。

今回はモラハラ夫との離婚裁判(離婚訴訟)の本人尋問までの体験談です。

  • 離婚裁判(離婚訴訟)での本人尋問とは?
  • 【モラハラ夫との離婚体験ブログ】今回の本人尋問はどうなる?
  • 【モラハラ夫との離婚体験ブログ】HSPの私は本人尋問に耐えられる?
  • 【モラハラ夫との離婚体験ブログ】裁判所に配慮してもらえる?
  • モラハラ夫との離婚体験ブログ】HSPは本人尋問当日はどうしたらいい?

実際の本人尋問となると不安や恐怖はありますよね。

体験談を読んで、参考にしてください。

ロリポップ公式サイト

離婚裁判(離婚訴訟)での本人尋問とは?

法廷

離婚裁判(離婚訴訟)での本人尋問とは、原告・被告が自ら出廷をします。

一般的な離婚裁判(離婚訴訟)での本人尋問では、原告・被告が順番に証言台に立ち下記の流れを行います。

  1. 主尋問:原告代理人による尋問
  2. 反対尋問:被告代理人による尋問
  3. 裁判官からの尋問

裁判官・書記官の前がいて、まさにドラマで見る裁判風景ですね。

HSP
HSP

まさか自分がここに立つとは!

【モラハラ夫との離婚体験ブログ】今回の本人尋問はどうなる?

ガベルをたたく裁判官

モラハラ夫は離婚裁判(離婚訴訟)を代理人(弁護士)をつけず本人裁判をしています。

なので、反対尋問をする人がいないことになります。

今回は、原告である私が反対尋問を受ける際は、モラハラ夫本人が反対尋問を行うことになりました。

一方、被告であるモラハラ夫が尋問を受けるときは、裁判官からの質問と原告(私)の代理人(弁護士)の尋問となりました。

モラハラ夫はここでもやらかすことになります。

【モラハラ夫との離婚体験ブログ】HSPの私は本人尋問に耐えられる?

鎖にまかれたハートのクッション

モラハラ夫への恐怖心が拭えないHSPの私は、本人尋問が決まってから押し潰されそうな毎日を送っていました。

だから普段は意識して考えないように日常生活を送ります。

ただ本人尋問の期日は迫ってくるんですよね。

そこで、私は、本人尋問の1週間前くらいに弁護士事務所に行って打ち合わせをしました。

  • 気を張りすぎず、本人尋問は手続きでしかないことを頭に入れる。
  • 自分の陳述書と食い違わないようにする。
  • 相手の陳述書の矛盾点、相違点を発言する。
  • 答えは短め。
  • 発言が硬くなりすぎないように。

弁護士事務所では代理人(弁護士)が行う主尋問の練習をし、答え方について都度修正してもらいました。

家でも陳述書を見ながら練習しました。

感情としては目を背けたいし、逃げたかったです。

HSPなので不安ばかりが襲ってきました。

さらに不安だったのはモラハラ夫と同じ空間にいなくてはいけないことです。

私はモラハラ夫とは別居してから会っていません。

会っていないのに、更新されるモラハラ。

それは私にだけでなく、両親や代理人(弁護士)、そして調停員・調査官の方にまで及んでいました。

本人尋問は耐えられるのかどうかというより、耐えなければならない状況です。

本人尋問の数十分さえ乗り越えればいいんです。

そのくらいの心構えで臨みました。

【モラハラ夫との離婚体験ブログ】裁判所に配慮してもらえる?

ハートが乗っている掌

離婚調停で事情を事前に説明し、モラハラ夫とは会わないように配慮してもらいました。

離婚裁判(離婚訴訟)でも裁判所に事情を説明し、配慮してもらえます。

私の場合、口頭弁論には代理人(弁護士)のみが出廷していました。

なので裁判所には代理人(弁護士)からモラハラ夫との対面により気分が悪くなる(体調不良)と伝えてもらいました。

そして、裁判所からは私自身の本人尋問が終われば、相手の尋問を待たず退席していいという配慮をしていただきました。

モラハラ夫への恐怖は薄れることはありませんが。配慮をしていただけただけでも救いです。

自分の本人尋問の間だけ頑張ればいい、耐えればいいと考えられるようになりました。。

【モラハラ夫との離婚体験ブログ】HSPは本人尋問当日はどうしたらいい?

頭の上が雲になっている女性

モラハラ夫との離婚裁判(離婚訴訟)での本人尋問は午後からでした。 

緊張と不安でお昼ご飯は入りませんでした。

離婚調停のときは1時間以上前に待合室に入っていましたが、今回は予定時間の30分前に到着するようにしました。

待合室に入り少し経ってから代理人(弁護士)が到着しました。

代理人(弁護士)は書記官と話したらしく、予定では本人尋問の後にもう1回期日を設けてから結審だったのですが、予定変更で本日結審ということを聞きました。

待合室にいる時点で緊張と不安と恐怖で心臓飛び出るんじゃないかってくらいの心拍数だったのを覚えています。

なので「本日結審”」が全く理解できませんでした。

代理人(弁護士)「1回期日が入るか入らないかの差だから」と緊張を察して流してくれ、その場で次回の相談日を決めました。

そして代理人(弁護士)と一緒に法廷へ向かいました。

前に結審を迎えられている方がいたので、傍聴席に座りました。

法廷に入るのは初めてでさらに緊張です。

テレビでしか見たことない、自分には関係のないところだと思っていました。

そこで私の精神を揺さぶることが起こったのでした。

【まとめ】モラハラ夫との離婚体験ブログ 離婚裁判(離婚訴訟)の本人尋問で出廷 その1

モラハラ夫のとの離婚裁判(離婚訴訟)での本人尋問についての体験談を書きました。

  • 離婚裁判(離婚訴訟)での本人尋問は原告・被告が証言台に立つ!
  • 【モラハラ夫との離婚体験ブログ】モラハラ夫は本人裁判のため、裁判官が代わりに質問!
  • 【モラハラ夫との離婚体験ブログ】HSPの私は本人尋問に耐えなければならない状況!
  • 【モラハラ夫との離婚体験ブログ】裁判所に事前に事情を説明しておいたので途中退室できた!
  • モラハラ夫との離婚体験ブログ】HSPは本人尋問当日は本人尋問のときだけ頑張る!

いよいよ本人尋問が始まります。

モラハラ夫との再会、HSPの壊れそうな心、周囲の目などいろいろなことが巻き起こりました。

本人尋問開廷は次回に続きます。