モラハラ夫との離婚体験ブログ 払われない婚費(婚姻費の分担請求)の行方

払われない婚費(婚姻費の分担請求)の行方 離婚
記事内に広告が含まれています。

離婚裁判(離婚訴訟)の前に審判で決まっていた婚費(婚姻費の分担請求)。

モラハラ夫は高裁(高等裁判所)に抗告しましたが、棄却されています。

この婚費(婚姻費の分担請求)はどうなるのか、私は気になっていました。

そこで今回は婚費(婚姻費の分担請求)の行方について書きますね。

モラハラ夫との離婚体験
  • 【モラハラ夫との離婚体験】離婚裁判(離婚訴訟)の和解案を蹴った判断
  • 【モラハラ夫との離婚体験】モラハラ夫の誤算
  • 【モラハラ夫との離婚体験】婚費(婚姻費の分担請求)の未払い金の支払い

【モラハラ夫との離婚体験】離婚裁判(離婚訴訟)の和解案を蹴った判断

グシャグシャの白い紙

モラハラ夫は離婚裁判(離婚訴訟)のときに、裁判官から提示された和解案をその場で蹴りました。

婚費(婚姻費の分担請求)については離婚裁判(離婚訴訟)とは別で、審判によって決まっていました。

モラハラ夫は抗告をしましたが、棄却となり確定しています。

しかし、モラハラ夫は支払いませんでした。

ここで強制執行をすると考えますよね。

ただ離婚裁判(離婚訴訟)の和解案が出たときのために婚費(婚姻費の分担請求)取っておいたのです。

もし和解案のときに譲歩する部分として婚費(婚姻費の分担請求)をチャラにしてもいいという案です。

私としては不本意です。

代理人(弁護士)は『離婚する or 離婚しない』という入口部分で揉めているためカードとして持っておく方がいいという判断でした。

離婚裁判(離婚訴訟)で和解案を蹴ったモラハラ夫には、婚費(婚姻費の分担請求)の退路はなくなりました。

【モラハラ夫との離婚体験】婚費(婚姻費の分担請求)の未払い部分の増加

5つの列に重ねられたコイン

婚費(婚姻費の分担請求)は申立月からの発生と審判では判断されました。

婚費(婚姻費の分担請求)の申立てから離婚裁判(離婚訴訟)が終わりまで、約1年半以上経過していました。

その分、婚費(婚姻費の分担請求)は未払い分として増えていきます。

額としてはかなり積もっていました。

判決で迎えた離婚裁判(離婚訴訟)では、支払わなければ強制執行をするということを代理人(弁護士)から文書で伝えてもらいました。

文書で伝えたのはモラハラ夫の得意の逃げ、「言った」「言わない」に発展するからです。

【モラハラ夫との離婚体験】モラハラ夫の誤算7

プログラムのエラー画面の誤算

モラハラ夫
モラハラ夫

主張していたモラハラ夫ですが、離婚しなかった場合も別居は続くので婚費(婚姻費の分担請求)も続くことをわかっていなかったようです。

離婚しない判決≠同居

代理人(弁護士)をつけていないモラハラ夫はすべてが自己判断です。

その上モラハラ夫は自分に優位な思い込みが激しいので、婚費(婚姻費の分担請求)のことについて自分から発言してきませんでした。

自分に都合の悪いことは逃げてきたのが、ついにブーメランとしてかえってくるときがきました。

あなたにピッタリの法律の専門家を無料でご案内します!

【モラハラ夫との離婚体験】婚費(婚姻費の分担請求)の未払い金の支払い

ATMにカードを入れる人

婚費(婚姻費の分担請求)の未払い金について、支払わなければ強制執行をするということを代理人(弁護士)から伝えられたモラハラ夫。

モラハラ夫
モラハラ夫

との連絡がありました。

強制執行=会社にばれる

ということを察知したようです。

モラハラ夫はプライドが高く、世間体を人一番気にしますから強制執行なんてされて日には会社にいられなくなると思ったようです。

その前に、婚費(婚姻費の分担請求)を支払わない時点で終わってるとは思うんですけどね。

【まとめ】モラハラ夫との離婚体験ブログ 払われない婚費(婚姻費の分担請求)の行方

婚費(婚姻費の分担請求)の未払い金は分割ではありますが、支払いが開始されました

がしかし、これも途中で支払いが止まりました。

終わりって突然迎えるものですね。